aforum4   AForum9   A-Forum Staff

2022/9/8  A-Forum e-mail magazine no.101をUPしました。
2022/8/10  A-Forum e-mail magazine no.100をUPしました。
2022/7/28  神田順 旅で出会う建築の面白さ structure No.163 2022.7
2022/7/05  A-Forum e-mail magazine no.99をUPしました。
2022/6/15  A-Forum e-mail magazine no.98をUPしました。
2022/6/8  神田順 「持続可能社会と地域創生のための建築基本法制定を刊行して」動画
2022/5/20  神田順 失敗しても次に生きる(聖マリア女学院高講演会)岐阜新聞
2022/5/19  神田順 進路、復興事業への思い語る(聖マリア女学院高講演会)中日新聞
2022/5/13  神田順 東京海上ビルディングを愛し、その存続を願う会  連続シンポジウム第3回「残す手法は?」
2022/5/11  A-Forum e-mail magazine no.97をUPしました。
2022/4/14  A-Forum e-mail magazine no.96をUPしました。
2022/3/10  A-Forum e-mail magazine no.95をUPしました。
2022/2/15  A-Forum e-mail magazine no.94をUPしました。
2022/1/14  A-Forum e-mail magazine no.93をUPしました。

Archi-Neering Design AWARD 2022 (第3回AND賞)★応募要項公開しました

選考委員
福島加津也(委員長)(東京都市大学教授/建築家)、陶器浩一(滋賀県立大学教授/構造家)、磯 達雄(建築ジャーナリスト)、堀越英嗣(芝浦工業大学名誉教授/建築家)
展示及び記録
・最終選考会参加作品はA-Forumホームページ上にて公開予定
・記念冊子を制作予定

日程
2022年10月10日(月) 募集開始
2022年12月08日(木) 23:00、応募締め切り
2022年12月23日(金) 一次選考通過者発表(A-Forumホームページ上にて公開)
2023年02月04日(土) 最終選考会(Youtubeライブ配信およびアーカイブ配信あり)
2023年02月下旬(土) 表彰式及び受賞講演会(Youtubeライブ配信およびアーカイブ配信あり)

募集要項

応募作品の対象
2017年1月1日より2022年9月末日までに完成した国内作品、あるいは国内在住の設計者等による海外作品とする。
応募資格
・個人(複数名も可)による応募とし、重賞も可とする。複数名で応募の場合は、それぞれの応募者が応募業績にどう関与したかを応募シートに明記する。
・一次選考を通過した場合、最終選考会(2023年2月4日(土))に参加し、プレゼンテーションを行う。
提出物
①応募シート(A4 1枚) 応募シート
 ※応募作品の完成年月を明記してください。
②プレゼンテーションシート(A3 1枚) ※形式自由
①のエクセルデータおよび②のPDFデータ(20MB以内)を提出先までE-mailにて送付してください。
※②のPDFデータが20MBを超える場合はオンラインストレージサービスで送付してください。
※データ受領後、数日以内に「受領確認メール」を事務局より送付致します。本メールを必ず確認してください。受領確認メールが届かない場合は事務局までご連絡をお願いします。
提出先: a-forum@a-forum.info  担当:麓 絵理子(AND賞事務局)
応募期間
2022年10月10日(月)~2021年12月8日(木)23:00まで 
著作権
表彰作品の応募資料として提出された写真・図版等について、AND賞実行委員会は編集出版権を持ちます。また、複写権は本会に委託するものとし、本会が表彰作品の関係資料を展示、記念冊子の印刷、ホームページ等に掲載する場合、無償で使用できるものとします。
応募資料に使用する写真・図版の著作権所有者が応募者以外の場合は、あらかじめ当該著作権所有者の許諾を得た上で使用してください。
表彰件数
最優秀賞1件、優秀賞3件程度を表彰する。入賞者には賞状及び記念品を授与する。
選考方法
一次選考:書類審査により10作品程度を選定する。
最終選考:一次選考通過者は2023年2月4日(土)開催の最終選考会でプレゼンテーション(プレゼン時間10分程度+質疑応答)を行い、公開審査(一部非公開)により最優秀賞、優秀賞を決定する。

問い合わせ先:AND賞事務局:a-forum@a-forum.info TEL:0352817880
主催:A-Forum(代表:斎藤公男)、AND賞実行委員会

第44回AFフォーラム「震災復興まちづくり」

コーディネーター:神田 順
パネリスト:
「イタリアの震災復興との比較から」 益子智之(早稲田大学)
  「さまざまな震災復興まちづくり」 薬袋美奈子(日本女子大学)
「三陸で津波に強い建築の設計」 小俣裕亮(new building office)

日時:2022年10月18日(火)18:00~20:00
お申込み→https://ws.formzu.net/dist/S72982294/
Youtube(お申し込みは不要です):https://youtu.be/r-0oFFCRgo0

震災復興まちづくりには、さまざまな視点からの議論が必要であり、わが国でも神戸の震災を機に多くの試みがされ経験を積んでいるものの、十分な検証がされているか気になるところである。
まちづくりという視点からは、当然その地域性をどう反映するかということが大きな課題であることは、神戸、山古志、三陸、熊本などまちの性格、地震の規模が異なることなどからも明らかである。東日本震災から11年を経て、インフラの整備がまちと無関係に先行したことが否めないが、それは都市計画の役割、建築制度の課題なども関係している。 震災を防ぐとなると、建築物の構造的な安全性が第1の課題に挙げられるが、今回のフォーラムでは、少し幅を広げて考えたい。現実に、これまでどのように震災復興まちづくりが行われつつあり、これからどのように進められることが望ましいか、震災復興を見て来られた専門家として3名のパネリストに、それぞれの立場でご発表いただき、自由に議論いただく場としたい。


第28回AB研究会 これからを担う若手建築家の活動と実践④
Eureka 稲垣淳哉+佐野哲史+ 永井拓生+堀 英祐

日時:2022年10月15日 14時~17時
プレゼンテーション:「コレクティブな建築をめざして」Eureka 稲垣淳哉+佐野哲史+ 永井拓生+堀 英祐
司会:香月真大(SIA一級建築士事務所)

お申込み→https://ws.formzu.net/fgen/S42040957/


協働の可能性とは?

建築家同士の協働は専門領域に囚われない設計表現を得る手法として近年、20~30代の若い世代で広く行われています。単に労働力を補い合うだけでなく、小さな集団が集まることにより新たな提案を生み出すことができる仕組みとも言えるでしょう。
これにより小さなアトリエ建築設計事務所であっても、プロポーザルや大規模開発で求められる大手組織的な実績規準に対抗しうる可能性を持っています。
第28回AB研では建築・都市の計画/意匠設計/構造設計/環境設計を一体的に行い、様々な専門家とのコラボレーションを通して、持続可能である活力ある地域社会づくりを目指すEurekaのデザイナーとエンジニアをお招きし、その活動と実践を通して協働の可能性を議論したいと思います。


Part2 第8回「手さぐりの空間構造(その2)」

トーク:斎藤公男(A-Forum代表/日本大学名誉教授)
日時:2022年09月17日(土)14:00~
お申込み→https://ws.formzu.net/dist/S895819741/
Youtube(お申し込みは不要です): https://youtu.be/_Ai70_si8u0

Part1 第7回「3Dプリンタによる建築空間の可能性」

日時:2022年10月22日(土)14:00~(予定)
パネリスト:調整中
お申込み→https://ws.formzu.net/dist/S56224667/
Youtube(お申し込みは不要です):https://youtu.be/y_y1QnQJ29w

コーディネーター:金田勝徳
パネリスト:三井所清典(芝浦工業大学名誉教授)、仙田満(東京工業大学名誉教授)、今村雅樹(日本大学特任教授)

日時:2022年8月27日(土)14:00~16:00
https://youtu.be/XZ1hT6xMVvo


空間  構造  デザイン研究会

特別企画
2021/09/08 「船の体育館」(旧香川県立体育館)のいままでとこれから―再現計画から再生計画― 動画
キックオフ
2020/9/4 【第38回AF-フォーラム】熱く闘いし、構造家たち 動画
Part1
2021/10/30 第1回「鉄のデザイン」 動画
2021/12/04 第2回「メンブレンの空間と構造動画
  2022/02/16 第3回「高層木造の可能性」 動画
2022/04/23 第4回「歴史的建造物のリノベーション」 動画
2022/06/25 第5回「軽い木の特徴を活かした“モクビルプロジェクト”」 動画

2022/08/06 第6回「CLTを用いた構造デザイン」 動画
2022/10/22 第7回「3Dプリンタによる建築空間の可能性」動画
Part2
2021/09/18 第1回「プロローグ ―空間構造への誘い」 動画
2021/10/02 第2回「1960年頃―構造デザインの曙」 動画
2021/11/20 第3回「B.フラーとスペースフレームの世界」 動画
2021/12/25 第4回「B.フラーとスペースフレームの世界 その2ー立体トラス構造を拓いた人々」 動画
2022/03/19 第5回 「奇跡のプロジェクト ー“代々木”からのメッセージ」 動画
2022/05/21 第6回「IT時代のデザインをめぐる構造評論」 動画
2022/07/23 第7回「手さぐりの空間構造(その1)」動画
2022/09/17 第8回「手さぐりの空間構造(その2)」動画
2022/11/19 第9回「サラブレッドからハイブリッドへ」
2023/01/28 第10回「BSSのデザイン」

AB(アーキテクト/ビルダー「建築の設計と生産」)研究会

第20回 これからを担う若手建築家の活動と実践01「PERSIMMON HILLS architects」動画
第23回 これからを担う若手建築家の活動と実践02「onishimaki + hyakudayuki / o+h 大西麻貴+百田有希」動画
第24回 建築家として生きるー職業としての建築家の社会学<松村淳>動画
第25回 これからを担う若手建築家の活動と実践03「VUILD 秋吉浩気」動画
第27回建築生産を支える専門職(サブコントラクター)の世界4 「BIMは部品・建材の流通/設計施工プロセスをどのように変えるか」
その2 建材供給BIM化の最先端
シリーズ企画解説「BIMは部品・建材の流通/設計施工プロセスをどのように変えるか」 安藤正雄 動画
プレゼンテーション「野原HDにおける建築DX化の見通しと戦略」 山崎芳治(野原HD CDO)、後藤庸幸(野原HD、建設DX推進統括部) 動画
全体討論 動画

持続可能社会と地域創生のための建築基本法制定

建築基本法制定準備会編・ISBN978-4-9911464-0-4
★2020年4月30日発売★
本体価格:¥1500(+税)
建築基本法制定準備会会員価格:¥1300円(+税)

いまこそ建築基本法制定を!

建築基本法制定準備会では、これからの建築のみちしるべとなる「建築基本法」について、その必要性を解説した建築関係者必読の書を作成しました。新しい建築の世界を切り開くためにも、是非ご一読ください。送付時に、送料込みの代金をご請求させていただきます。所定の口座にお振込みください。
建築基本法制定準備会代表 神田順

購入お申し込みはこちら→https://ws.formzu.net/dist/S27715289/
電子書籍(kindle)のご購入はこちら→amazon
★A-Forumにて直接お買い上げいただく場合は現金のみとさせていただきます。