Thumbnail Image 1
2019/04/16   A-Forum e-mail magazine no.61をUPしました。
2019/04/15    和田章Raising quake-resistant structuresthehindu.com 2019.4.12をUPしました。
2019/03/22    和田章 何かに駆られて走ってきた 日本原子力学会誌 vol.61 No.3(2019) をUPしました。
2019/03/18    書籍紹介 知らないと恥をかく最新科学の話
2019/02/25    A-Forum e-mail magazine no.60 UPしました。
2019/02/14    A-Forum e-mail magazine no.59 UPしました。
2019/01/24    神田順 建築の工学としての今後に向けて 建築技術 2019.02
2019/01/23    A-Forum e-mail magazine no.58 UPしました。
2018/12/17    和田章免震検査に第三者機関を 日本経済新聞 2018.12.13 をUPしました。
2018/12/04    A-Forum e-mail magazine no.57 UPしました。
2018/11/09    A-Forum e-mail magazine no.56 UPしました。
2018/11/05    神田順 日本風工学会名誉会員に推挙されて 日本風工学会誌・日本風工学会論文集 2018.10 をUPしました
2018/11/05    和田章 防災学術連携体の発足と活動 日本風工学会誌・日本風工学会論文集 2018.10 をUPしました
2018/10/30    A-Forum e-mail magazine no.55 UPしました。
2018/10/29    『京都府立京都学・歴彩館』 座談会 分節した大屋根を細かい部材からなる空間に架ける(対談:金田勝徳)をUPしました。
2018/10/25    多様化する社会と構造設計(金田勝徳)をUPしました
2018/10/01    A-Forum e-mail magazine no.54 UPしました。
2018/08/23    A-Forum e-mail magazine no.53 UPしました。
2018/08/06    A-Forum e-mail magazine no.52 UPしました。
2018/07/06    趣味としての私の建築(神田順)UPしました。
2018/06/13    A-Forum e-mail magazine no.51 UPしました。
2018/06/11    書評:おだやかで恵み豊かな地球のために ―地球人間圏科学入門―(和田章)をUPしました。
2018/04/15    A-Forum e-mail magazine no.50 UPしました。
2018/04/12    A-Forum e-mail magazine no.49 UPしました。
2018/02/15    A-Forum e-mail magazine no.48 UPしました。
2018/02/07    和田章 分からないことの多い地震動と構造物の鈍な耐震設計 structure No.145 2018.1 UPしました。
2018/01/16    A-Forum e-mail magazine no.47 UPしました。
2017/12/20    A-Forum e-mail magazine no.46 UPしました。
2017/11/07    A-Forum e-mail magazine no.45 UPしました。
2017/10/18    A-Forum e-mail magazine no.44 UPしました。
2017/09/13    A-Forum e-mail magazine no.43 UPしました。
2017/08/09    A-Forum e-mail magazine no.42 UPしました。
2017/08/09    金田勝徳 構造設計事務所の工事監理 JSCA機関紙 structure NO.143 2017.7 UPしました。
2017/07/21    A-Forum e-mail magazine no.41 UPしました。
Thumbnail Image 1

第15 AB(アーキテクト/ビルダー「建築の設計と生産」)研究会
建築家の選任と発注者の責任(2)
-建築デザインをめぐる英国の動向と設計者選定事例-



コーディネーター:布野修司+安藤正雄+斎藤公男
プレゼンター:南雲要輔 (ホプキンス・アーキテクツ)
コメンテーター:小野田泰明(東北大学)、大野秀敏(東京大学名誉教授)、平野吉信(広島大学名誉教授)、相坂研介(相坂研介設計アトリエ)

日時:平成31年4月20日(土)15:00〜18:30 
場所:A-Forum
参加費:2500円(懇親会、資料代)
参加申し込み:こちらのフォーム よりお申し込みください。
*「お問い合わせ内容」に必ず「第15回AB研究会参加希望」とご明記ください。

A-Forum A/B研究会は、公共コンペを巡る諸問題とこれらに対する挑戦を取り上げ、さらには発注者支援の必要性を唱えて議論を重ねてきた。前回第14回においては、法(MOP法)によりコンペ参加費用の補償や若手建築家に門戸を開くことを義務付けるフランスの公共コンペを取り上げ、建築家の選任と発注者の責任に関する基本的原則の確認を図った。しかし、そこであきらかとなったのは、官民パートナーシップ(PPP)の隆盛によりMOP法の適用が限定されつつあるという現状であった。ここにも、対立的(adversarial)関係から協調的(cooperative)関係にという受発注者間関係のグローバルな変化が、設計者の立場をあいまいにし、また弱体化しているという一般的問題が顕在化している。第15回は、英国の有力事務所をベースに民間事業を含む数多くのコンペに参加した実績を持つ建築家、南雲要輔氏をお迎えし、英国におけるコンペ事情を巡る議論を進めたい

1.英国の建築士登録制度(業務独占権の無い建築士)
2.英国政府の目標:チームワークとBIM
3.サスティナビリティと既存建築・都市
4.コンペへの参加から設計契約までのプロセス
5.事例1:聖トーマス病院イーストウィング、チームワークによるコンペから竣工まで
6.事例2:ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、国際コンペ事例


Hyperloop: The revolutionary technology that could change transport forever  

この10年よく言われるようになった言葉に、sustainable と resilience そして SDGs などがあります。
18世紀から20世紀に進めてきた贅沢な生活を反省し、自然エネルギーを活用するなど、重要な取り組みだと思いますが、我慢の生活に戻りなさいと言われているように感じることもあります。

日本で工事中のリニアー新幹線は時速500kmで走りますが、「一気圧」の中を走り抜ける空気抵抗だけでなく、トンネルの中の「留まった空気」を打ち破らねばならないなどがあり、エネルギーロスの大きなシステムだと思います。
一方で、カリフォルニアに本拠地があり電気自動車「テスラ」を開発したグループが始めた新しい交通システム「Hyperloop」があります。
長いチューブ構造を都市間に施工し、太陽エネルギーで真空ポンプを稼働させて内部の気圧を十分に低くし、空気抵抗をなくした条件で、28人乗りのカプセルを時速1000km(ジャンボジェットの巡航速度)で、次々に行き来させるシステムです。
将来はジャンボを飛ばす燃料がなくなることもありえます。
「新しい時代の問題は新しい技術で解決する」ことが必要だと思います。

このたび、Hyperloop の開発に参加して頑張っているイタリアの若手エンジニア(Dr. Andrea Santangelo)が日本に来るのを機会に、講演会を企画しました。

行き詰まった社会を感じる方々も多いと思いますが、これらの新しい解決の糸口になるように思います。
是非、多くの皆様のご参加を期待いたします。(和田 章)


コーディネーター:和田 章
パネリスト:Andrea Santangelo(アンドレア・サンタネグロ)

日時:2019年5月15日(水)18:00〜19:30 
場所:日本大学理工学部駿河台校舎1号館2階121会議室
参加費:無料
案内状:PDF
参加申し込み:こちらのフォーム よりお申し込みください。

*「お問い合わせ内容」に必ず「HL参加希望」とご明記ください。



«From High Speed Ground Transportation to the Hyperloop»


Hyperloop: The revolutionary technology that could change transport forever

We live in an age of unbelievable technological progress. To a visitor from the distant past, this would surely seem like a utopian age. Yet in many areas of life, things don’t seem to have changed that much, and transportation is a woeful example of this. The roads are still lined with cars, the skies streaked with airliners. 20th century science fiction foresaw flying cars and teleporters; the 21st century settled for “Segways”. Dreams never die, however, and the fantasy of futuristic transportation is very much alive right now as exemplified by a concept called Hyperloop. While is not as mind-shattering as a teleporter or as fun as a personal jetpack. The Hyperloop could revolutionize mass transit, shortening travel times on land and reducing environmental damage in the process.

An educated guess from one of the first civil engineer involved in the design of a real-world Hyperloop infrastructure tries to give some direction between hype and pragmatic design.


Dr. Eng. Andrea Santangelo
Structural Civil Engineer, P.E.
Italian as citizenship but working in the four corners of the world, he made mostly of his 20-years experience between his native Country and the USA, working as a consultant for some of the most relevant Companies in the industrial and infrastructure field. He has offices in Catania, Italy, and Las Vegas, Nevada (USA)
Since 2015 he is actively involved in the design development of the infrastructure system to be built around the Hyperloop technology, cooperating with the most advanced hyperloop Companies, Universities and Research Facilities around the world.


This imaginative print by William Heath satirizes the social effects of steam power. Both technological innovation and modern architecture are ridiculed. Steam power is blamed for the breakdown of distinctions between the social classes.
Interestingly, this print manages to predict commercial air travel, cleaning machines, wingsuits, express bus services, and personal automobiles.
…And a vacuum powered tunnel from England to India might happen too…
This imaginative print by William Heath satirizes the social effects of steam power. Both technological innovation and modern architecture are ridiculed. Steam power is blamed for the breakdown of distinctions between the social classes.
Interestingly, this print manages to predict commercial air travel, cleaning machines, wingsuits, express bus services, and personal automobiles.
…And a vacuum powered tunnel from England to India might happen too…
Hyperloop: The revolutionary technology that could change transport forever